町から時計が消えた!?やっぱりあると便利な腕時計。

しまった!携帯電話忘れちゃった!!

お出掛けした時にうっかりして携帯電話を家に置いてきちゃたことありませんか?落ち着かなくてドキドキしますよね。電車の時間や待ち合わせの時間、近頃では余計にソワソワして大丈夫なはずなのに遅刻しそうであせっちゃう。「今何時だろう?」と思ってあたりを見渡してみると”そんな時に限って”時計ってないんです。コンビニや銀行を覗いて確認したり、駅には必ずありますね。

子供が公園に遊びに行ったけど、時間に帰ってこない!

公園って大きな時計があるイメージがあったんですが、ないんです!というか、あった形跡は残ってたり、すでに何年も止まったままだったり。近所の公園はつい先日まではあったんですが気が付いたら、あれ?なくなってる!なんてことがあったんです。小学校に入ったばかりの息子に「5時までには帰ってきなさい」と言って送り出したのですが、待てど暮らせど帰ってこないんですよ。迎えに行って「5時になったら帰ってくるんでしょ!何時だと思ってるの!!」といつもあるはずの時計台に目を向けると、すっぽりとなくなっていました。当然、息子たちはキョトンです。

子供用の腕時計を用意しよう。

そんなわけで息子に腕時計を持たせようと思ったんです。しかし、高価なものはいりません。100均のデジタル腕時計を買ってあげました。次の日、早速壊して帰ってきました!つぎに500円のアナログの腕時計を買い与えました。シンプルな時計ですが、読み方の勉強にもなって今のところそれで落ち着いています。かくして腕時計が必要となった我が家。それもアナログがいいんです。

パネライの時計は全て同じに見える、と言うことになってますが、確かにシルエットと言う限りで見れば、レアなモデルを除いて考えると二つの種類しかありません。