ブラインドの種類ってこんなにもあったの!?比べて分かる5つのポイント

バーチカルブラインド

バーチカルブラインドは縦型のブラインドを指しています。縦長という特徴がありますが、左右に開閉させることができるので、屋外の光や明るさを取り込むことができます。掃き出し窓などの大きな窓に使われることが多いです。

ベネシャルブラインド

ベネシャルブラインドは横型のブラインドを指していて、特徴的な名前は生産地から付けられています。横型ですが上下に開閉できるため、荷物の出し入れを行いたい場合は、一部を開けて行うと容易に作業ができます。光量の調整はスラットを回転させて行います。

温もり感じる木製ブラインド

スラット部分が木材で作られているものを、木製のブラインドと呼びます。木製のブラインドはナチュラルで落ち着いた雰囲気があるため、オフィスだけでなく家庭用としても使われています。またカラーも豊富に揃っているため、木目調やホワイト、ダークブラウンやブラックなどがあります。

手入れしやすいアルミ製ブラインド

オフィスなどで多く使われているのがアルミ製のブラインドです。理由はメンテナンスがしやすく耐久性が高いからです。アルミ製は汚れが付いても拭き取りやすいため、ホコリやタバコの臭いが付いても簡単に落とせます。また色のバリエーションが多いため、オフィスの内装に合わせやすいのも魅力です。

柔らかい布製ブラインド

家庭用で多いのが布製のブラインドです。布製はカーテンと同じため、製品によっては自宅の洗濯機で洗うこともできます。そして布が持つ柔らかくて暖かい雰囲気は、リビングや寝室などに設置すると寛ぎの空間へと仕上がります。

窓のサイズに合わせて好きな素材と組み合わせて作られるオーダーのブラインドは、大手をはじめとして複数の家具店で受け付けています。木材やアルミといった多彩な素材を揃えているところが多いです。