金を売るタイミングを逃さないため!覚えておきたいポイントは?

金の「売り時」とは?

金は株式のように企業の倒産で紙切れになるリスクがないため、安全で資産価値のあるものです。社会情勢で相場が荒れることも少ないため、不景気の時ほど金の価値が注目されます。
手元にある金を売る時には買取価格が高い時に売りたいものです。しかし、金の相場は買取業者などの専門家であっても正確に予想することが難しく、自分の判断で最終的には売るタイミングを決定することになります。ただし、ある程度の金相場の流れを把握しておくと、売るタイミングを見極めるポイントになるでしょう。

アクセサリーは売りたい時が売り時?

使わなくなった金の指輪やネックレスなどのアクセサリーの売却に関しても、金の買取価格が少しでも高い時に売りたいと考える方も多いのではないでしょうか?
一般的な指輪の場合は重さは約3gです。金の相場が1g100円上がったとしても差は300円ほどです。金の買取価格は相場が基準になっていますが、実際に買取られる単価は買取業者によって異なります。そのため、金のアクセサリー類の売却を検討しているなら買取業者の選び方が高く売るためのポイントになります。

複数の買取業者に査定をしてもらいましょう!

買取業者は、相場通りの価格をつけなければいけないという決まりがないため、買取業者が手数料などを考慮して買取価格を決めています。宝石がついているものやブランド品は、ジュエリーとして買取ってもらえるケースもあります。そのため、査定を依頼する時には1社だけでなく、複数の買取業者に依頼して買取価格を比較することが重要です。

金買取価格は相場によって日々変動していることから、金を少しでも高値で買取に出す際には、タイミングがとても大事になります。